TOEIC860点が基準?就職活動に欠かせないスコアを取るための勉強法の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEIC860点あれば大丈夫?

qualified

就職活動する上で、もっておきたい点数がTOEIC860点以上。

その理由は、就活の登録の際、TOEICの点数を聞かれます。

その方法が直接スコアを書き込む方法か、あてはまるスコアにチェックをする方法しか無いんです。

チェック方式の場合、最高の点数と判断されるのは860点以上の人たちです。

ですので860点さえあれば、就活では十分ではないのかと思います。

就活のTOEIC事情は、小林さんが英語が話せない私が就職に有利なスコア860点の壁を突破した邪道のTOEICテクニックの記事の中で説明してくれていました。

今日はその就活に役立つ十分な860点という点数を獲得するための勉強法をどうやって選ぶかを紹介したいと思います。

小林さんと同じように勉強しろといっても、人には合う合わないがありますからね。

勉強法の選び方を紹介するので、それを参考にしながら、小林さんの勉強法や僕の勉強法を吟味してもらえればと思います。

それではこちらが今日の目次です。

・860点を取るために必要なことは英語力か
・どうやって自分の勉強法を決定するか
・僕が860点を取るまでに行っていた勉強プロセス

では上から順に見て行きましょう!

 

860点を取るために必要なことは英語力か

正直860点くらいならTOEICのための勉強だけで超える事ができます。

つまり留学して、英語力を養わないと届かない壁では無いという事です。

なぜそういうことが言えるのか?

それは僕自身が、留学経験もなく900点を突破してきた人をたくさん見てきているからです。

日本にいながらも、効率的に教材に投資したり、ツールを活用したり、独自の勉強法を編み出したりしながら、TOEICを攻略してきた人たちを見てきました。

そういう人と話しても、実は英語はあまり話せないという人が多いんですよね。

というのが根拠に合って、別に英語力がなくともTOEICにフォーカスすることによって860点くらいは超えれます。

success1

どうやって自分の勉強法を決定するか

TOEICにフォーカスして860点を狙う方法は先述したように色々ありますが、独自の勉強法を編み出されている人のコピーはあまりお勧めしません。

というのも日本にいながらTOEIC900を超えるのはすごく大変なことです。

それを日本にいながらも成し遂げる人の勉強法は、あなたに合う可能性が低いんです。

確かに大量の時間をつぎ込んで、効率的にこなしてこられたからこその結果だろうと思いますが、たまたま結果が出ただけかもしれません。

ですので結論としては、独自の勉強法は参考がてら程度で見る事。

自分の勉強法を設定するときは独自のものを真似るのではなく、以下のことをチェックしてみてください。

・自分の似たようなシチュエーションで結果を出した人の勉強法であること
・その勉強法を多くの人が実践していること
・その勉強法が多くの人に効果があること

これらを調べるためには、まず似たようなシチュエーションで効果を出した人の勉強法を先に見つけること。

そしてその勉強法をYahoo!知恵袋や2chなどを使い検索してみる事で、調べる事が出来ます。

今から参考として、僕が860点を取るために行ってきた勉強プロセスを紹介します。

 

僕が860点を取るまでに行っていた勉強プロセス

あなたが僕の勉強方法を吟味し易いためにも、僕のバックグラウンドと勉強プロセスを書いて行きますね。

success

バックグラウンド

高校受験でエスカレータ校に入学し、高校卒業時には英語の知識がほぼゼロ。

英語が足を引っ張っている状態で、高校卒業時にはTOEIC360点。

大学でも英語が苦手で、がんばっても単位を落とすギリギリの瀬戸際で友達に助けてもらう始末。

それでもアメリカへの憧れから留学はしてみたいと思っていたので、留学を決意。

しかしTOEICが低すぎて留学エージェントに拒否される。

そこで2週間TOEICにフォーカスして勉強しまくった結果、300点近くスコアアップ。

待望の留学を実現させ、アメリカ在住中、英語力向上のため最も効果的な勉強方法を探求し実践。

現在はハイスコアラーの仲間入りをし、この記事を書いています。

take_a_break

勉強プロセス

2週間で300点を上げた勉強プロセスは、2週間で300点UP!メールマガジンを活用した最速勉強法のメルマガの中で勉強法を具体的ステップに分割し効率的に勉強できるよう配信していますのが、どんな勉強法なのかをざっくりでも確認してみたい方は、こちらをチェックしてみてくださいね。

そして点数を300点上げた後は、すぐに日本を発たないと行けなかったので海外にいました。

ですがこの方法を続けていたら日本にいながらでも860点くらいなら余裕だったかなという手応えはあります。

先ほど言った勉強法を選ぶときにチェックするべきことをこの勉強法にあてはめてみてください。

新公式問題集に時間を投資しまくる方法は、多くの方が実践し多くの方が効果を出している方法ですので、信憑性は抜群です。

checklist

海外で行っていた英語力そのものを高める勉強プロセスは、すべて僕はこうやって英語を習得した!英語を習得するために、留学中していたことに記載していますので、必ずチェックしてください。

 

その中でも日本でできる特に効果的な勉強法をあなたにお勧めするなら、【英文速読】TOEICリーディングで求められるスピードwpm150を狙う速読トレーニング法で紹介した英文速読の練習や、英語耳をこれで作った?留学先で出会った友達お勧めの効果抜群リスニング勉強法で紹介したリスニング力、会話力向上のための勉強法をおすすめしますね。

confidence

TOEIC860点あれば、もうとりあえずはTOEICに悩む必要はないでしょうね。

 

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑