TOEICのpart5を重点的に勉強してしまう人間の深層心理とその罠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Part5に潜む深層心理?吉と出るか凶とでるか

こうしてTOEICのwebsiteを運営しているので、いろいろTOEICに関する事にはアンテナを張っています。

そこで気づいた事は、TOEIC学習者の多くがTOEICのpart5を重点的に勉強しているということです。

なぜpart5に時間をかけるのでしょうか。

?

今日は人間の深層心理に基づいたようなアプローチによる原因究明と、その結果がもたらす影響を考えて行きます。

 

こちらが今日の目次です。

・深層心理?あなたがPart5を好む訳(その1)
・深層心理?あなたがPart5を好む訳(その2)
・吉?凶?あなたの心理がTOEICのスコアに与える影響

それでは上から順番にお話していきますね。

 

深層心理?あなたがPart5を好む訳(その1)

これを究明するために、まずはPart5の問題系統をみていきましょう。

part5の問題は単文穴埋め問題です。

語彙の問題、品詞の問題、文法の問題で構成されています。

 

これって中学や高校の英語のテストや受験に、とても似ていませんか?

これが僕たちに影響を与えてきます。

中学や高校のとき、こういった形式の問題に対策して、勉強してきた。

そういう経験が、Part5は勉強するための良い「入り」になるんですね。

「なんか昔やったことあるような問題だな。だからとりあえずPart5から勉強するか」

という具合にです。

以前に見た事がある。中学、高校でおなじみの問題形式。

それらは人間の判断に影響を及ぼします。

psychology

心理学的なアプローチで話すと、「単純接触効果」という現象です。

見た事が多ければ多いほど、それに対して好感を抱いてしまうという現象です。

 

Part5にも同じ事がいえます。

part5はTOEICの他の大問と比べて、比較的目にする機会が多い問題形式です。

中学や高校のときよく出題され、実際にあなたはそれをこなしてきたんですから。

そうすると難しそうな他の問題より、優先的にPart5に取りかかろうとしてしまうんですね。

そういう理由もあり、
Part5に関しての勉強法は比較的他の問題と比べて確立されている。

だから手のつけやすいPart5から勉強を開始してしまう。と言えるでしょう。

easy-button

 

深層心理?あなたがPart5を好む訳(その2)

もう1つの理由が、「勉強してスコアが上がるのを実感しやすい箇所だから」ということです。

順を追って説明します。

上で述べた「単純接触効果」や、「多くの人たちが勉強法を確立させ発信していること」もあり、その手のつけやすさからPart5につい重点を置いてしまう。ということを(その1)では説明しました。

 

(その2)で紹介することは、人間の「努力と成果のバランスについての関係性」です。

こんな経験はありませんか?

友達に喜んでもらいたい一心から時間とお金をかけて友、達のプレゼントを一生懸命探しまわった。

しかしそのプレゼントをあげても、友達のリアクションはうすかった。

あなたは「せっかく一生懸命さがしたのに!あんなに頑張るんじゃなかった!」と心の中で1人でがっかりした。

すいません。これは僕の経験談でした笑

ですがあなたにもありませんか?

この心理的な感情の起伏は、自分がかけた努力の度合い(一生懸命プレゼントを探す)と成果(相手の反応)が釣り合わなかったためにおきました。

balance

これはTOEICにも言えます。

これだけ勉強したんだから(努力の度合い)TOEICのスコアも100点くらいはあがる(成果)だろ。と自分の中で勝手に考え、その際成果がついてこないと、もう一度努力するモチベーションがぐっと下がります。

その観点からpart5を見ると、part5というのは実に努力と成果のバランスが取りやすい問題なんです。

part5は日本人が慣れ親しんだ文法、語彙に関する問題です。

だから勉強の仕方も分かっているし、単調な問題なので復習もしやすい。

そういったことがあり、がんばって勉強すれば、すぐに成果を確認しやすいといえます。

努力が成果に反映されやすい箇所といえるでしょう。

だからpart5に対するモチベーションも高くなり、重点的に勉強しがちになるんです。

 

吉?凶?あなたの心理がTOEICのスコアに与える影響

ではこれらの心理による、part5の重点的勉強はいいことなのでしょうか?question

結論からいうと良くないです。

しかし悪くもないんですけどね。

だって楽しく勉強するにこした事は無いですから。

ただ心理的に潜在的に、無意識的にpart5から取りかかるようであればそれは良くないです。

理由はPart5に時間をかけるのは極めて不効率だから。

Part3やpart4、あるいはPart7に時間をかけ、語彙や英語のまま認識して行くトレーニングを行った方がTOEICの高得点にもつながるし、英語力の向上にもつながります。

ある程度の点数(TOEIC700くらい?)までは、part3,4,7で十分です。

Part3,4勉強法:TOEICの難所。part3,part4を超簡単にする2つの攻略法!
part7復習法:part7を効果的に復習し、少しでもTOEIC900に近づく方法

無意識の内にpart5を勉強対象とするのなら、すこし見直してみるのも点数UPへの近道となるかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑