最速でpart7へ進め!TOEICpart5の文法問題を時間をかけずに攻略する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Part5とPart6にあまり時間をかけたくない!

TOEICを受験する際、Part5とPart6に時間を割きすぎると、Part7で時間が足りなくなってしまいます。

そんな事態を避けるためにも、Part5とPart6はぜひとも最速で終わらせたいところ。

今日はそのPart5の文法問題を攻略する方法を紹介します。

こちらが今日の目次です。

・どのくらいのスピードで解けばいいの?
・目標タイムで解くためにできること?
・Part5の攻略法とは?

では上から順にお話していきますね。

 

どのくらいのスピードで解けばいいの?

TOEICのpart5は約15分以内に解く事が求められます。

40問を15分で解く。

つまり1問に30秒かけてはいけないということです。

相当な早いペースで解かないといけないことが分かりますよね。

high-speed

なぜ15分以内かというと、
このペースで解かないと、
Part7を一問一分ペースで取りかかれないことになるからです。

つまり長文問題を解ききれず終了するということです。

じゃあそんな早いペースで解けるようにするには、どうすればいいんでしょうか?

 

目標タイムで解くためにできること?

もちろんそれは、
問題をひたすら解きまくることです。

しかしただ闇雲に解け。という訳ではありません。

その際に意識して欲しいことがあります。

1. 時間を意識する

一問何秒でPart5の問題を解いているか。

15分以内にPart5を終えれたか。

この点を特に意識して頂きたいです。

効果的な方法としては、一問何秒で解くと決めて、タイマーをセットする。

そしてこのスピードを体にしみ込ませることが有効かと思われます。

speedup

2. Part5の攻略法を意識する

速く解いてはみても、正解率がずさんだとよろしくありません。

速く解く練習中にでも、Part5の攻略ポイントを抑え、文法的に対処していくことが効率的です。

というのもPart5は攻略するポイントさえ知っていて、かつ練習を重ねれば、簡単な問題は瞬殺できるようになります。

速く解く練習と、Part5を瞬殺するための練習を同時にやってしまおう!という訳です。

そのPart5の文法問題の攻略ポイントは今からお話しますね。

 

Part5の攻略法とは?

Part5の攻略法とは、以下の順番に沿って機械的に解き進んで行く方法です。

1. 選択肢から問題のタイプを判断

選択肢が例えば、

A. success
B. succeed
C. successful
D. successfully

となれば、品詞を選ぶ問題のタイプですね。

このタイプであれば全文を読む必要はない。と判断できます。

そうやって選択肢から問題のタイプを把握しましょう。

 

2. 空欄の前後をチェックする

上の例のような選択肢だと分かりやすいのですが、この場合はどうでしょうか?

選択肢が、

A. watching
B. Seeing
C. looking
D. Observing

のように、品詞は同じ・単語が違う場合は、空欄の前後をチェックします。

I’m () forward to hearing from you.

となれば前後だけで理解できますよね?

答えはCです。

 

3. 全文を読んで判断する

以上の1.2のパターンが当てはまらない場合、全文を読んで判断します。

つまり全文を読むのは最終手段という訳ですね。

speed-up-tech

Part5は勉強をすればするだけ伸びるところですが、TOEICのpart5を重点的に勉強してしまう人間の深層心理とその罠で述べたように、Part5だけを特化する事は一概に良いとは言えません。

 

Part6も速く終わらせてしまいたいPartですので、次回はpart6についても言及しようかなと思います。

TOEICのpart5,part6,part7で使えるリーディング問題攻略の裏技!の記事ではリーディングパートの攻略法としてPart5,6,7についてまとめて書いてあるので、是非参考にどうぞ。

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑