TOEIC900への道〜勉強し辛いPart1の描写問題を満点にする攻略法〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそもPart1って勉強必要なくね?

僕がいつもお世話になっている、
TOEIC900点スコアラーの方は、
いつもPart1の勉強は不要!!
と仰っていました。

 

確かに、Part1の勉強はやり辛いし、
簡単な問題が多いので、
勉強せずとも満点を取れる人もいるでしょう。

 

しかし言い換えると、
Part1はすごく簡単な分、TOEIC900を取るためには、
絶っっっっ対に落としてはいけないpartです。

 

今日はあなたの正答率を
少しでも手堅いものにするためにも、
今日はTOEIC Part1で満点を狙う攻略法を紹介します。

important

part1は900を狙う上でも重要なポイント

TOEIC900を狙う人のためのPart1攻略法

攻略法としては

・ポイントをおさえて、問題を解きまくる
・自分で英作をしてみる

という2つの攻略法がありますので、
それらについて紹介しますね。

 

ポイントをおさえて、問題を解きまくる

Part1のポイントは、
TOEICの写真問題への対策。
part1で全問正解を狙える3つのリスニングポイント
で説明しているように、

・「どこで、誰が、何を」を日本語でも理解しておく
・人がいない写真では、モノの位置関係を把握しておく
・2人以上の場合は共通点、相違点などに注目しておく

というポイントがあげられます。
先ほどのリンクの記事から、
例題と共に理解を深めてくださいね。

 

これら3つのポイントをおさえ、
問題量をこなし、「慣れる」ことが重要です。

 

たくさんの問題をこなしている間に、
どこに注目すべきか感覚的にも、
理解できるようになっているはずです。

 

自分で英作をしてみる

英作をすることでPart1を勉強する方法としては、
問題の写真(拾ってきたものでも良い)を見て、
その写真に対するdescriptionを自分で2つは作ってみる。

 

これの何がいいかというと、
「自分が問題を作る側の考えになる」
ということ。

 

つまり英作を繰り返す事により、
どこのdescriptionが出題されそうか。
どのようにdescribeされるかが把握しやすくなる。

 

そうするとライティングスキルも向上するし、
part1の攻略法にもなっているんです。

new future

必要ないかどうかはあなたが判断する。
900を狙うなら、まずやってみる。

勉強の必要なし。
といわれるPart1の問題ですが、
TOEIC900を狙うあなたには、
絶対に落とせないポイントですので、
しっかり準備しておくのもいいかと思います。

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑