TOEICのコツを使うためにはまず問題を知れ!900点獲得のためのリスニング問題対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の
要領とは継続ありきだ!
TOEIC900をとるための継続できる勉強法〜初めてから上級者まで〜

で告知していたようにこれから二回に渡り、
TOEICの点数を上げるテクニックを公開します。

今回はリスニング問題の検証と対策。
次回はリーディング問題の検証と対策です。
リーディング問題を徹底分析。
part別に教えるTOEICリーディング問題の攻略法

 

情報公開。toeicの問題を徹底分析

情報公開。toeicの問題を徹底分析

 

何かを成し遂げたいときに大切なのは
根性などではなく、「情報」です。
TOEICって意味あるの?世界へ出てみて分かったこと。
でもハイスコアラーの情報量はすごいことが分かります。

 

 

そしてそこから要領へと発展します。
いくら基礎力があってもTOEICをよく知らねば、
最大限のスコアをとることはできません。

 

以下からリスニングのTOEICのそれぞれの問題についての
テクニックを紹介していきます。
ちゃっちゃとリスニングを攻略して、
リーディングの攻略にうつりましょう!

 

第1問 写真描写問題

 

音声が流れるよりも先に写真をよく見ておきます。
4つの選択肢のうち確信が持てるものがあったら、
残りは聞かずにさっさとマークして、次の写真の分析に移りましょう。

 

それにプラスして最初の問題に入る前に、
1分40秒も問題の説明があることに注目です。
この説明の時間をいかに有効に使うかが問題です。

 

 

この時間に行って頂きたいのは、
第5問の文法問題を少しでも多く解いておくことです。
5、6題は解けます。

 

リスニングが始まりそうになったら
リスニングの問題に戻ってきたらいいのです。
part1の写真問題だけに言及した、
TOEICの写真問題への対策。
part1で全問正解を狙える3つのリスニングポイント
もあわせて参考になるかと思います。

 

 

第2問 応答問題

またしても説明と例題に1分もかかっています。
この時間を利用して第5問の文法問題のつづきをやりましょう

 

ここまでで、
文法問題を10〜15題くらい終わらせてしまうと少し気が楽です。

 

第2問では、
最初に発せられる疑問詞(Who,Where,How,What time等)
またはYes/No疑問文(Did you, Are you等)を集中して聴きます。


それさえ分かれば答えられる問題が全体の7割を占めています。

ここでも確信が持てる選択肢があったら、
残りは聞かずに休憩しておきましょう。

 

45分の長いリスニングに耐えるには、
集中と休憩を繰り返してメリハリをつけることが肝要です。

 

例題2−1

How much does this computer cost?

(A) It looks nice.
(B) That one goes for $300.
(C) That would be fine.

 

最初の言葉を集中して聴いて
How muchが聞こえたら容易に正解できます。

正解(B)。

 

例題2−2

Have you gotten in touch with Tom concerning his order?

(A) I was really touched.
(B) I haven’t heard a word.
(C) Yes, I’ll do that.

 

最初に集中してHave youを聞き取りましょう。
これで(A)は消えますが、
touchが再び使われているからといって
安易に(A)を選んではいけません。

 

 

同じ言葉を使ってひっかけるのは典型的な誤答です。
get in touch with ~(~と連絡をとる)は頻出です。
正解(B)。
Have youに対して、
Yesで始まる(C)もひっかかり易いですが、
論理的におかしいので不可です。

 

730点以上を狙う方は、
これらのような典型的な問題はほぼ完璧に正解し、
さらに次のような少し難しい問題もいくつか正解する必要があります。
例題2−3

Do you feel like going to a movie or do you want to eat first?

(A) Yes, I can’t wait.
(B) I’m sorry you feel that way.
(C) Either is OK with me.

 

最初にDo youが聞こえたからといって
(A)を選んではいけません。

この問題ではorを聞き取れるかが勝負です。
正解(C)。

 

TOEICでハイスコアをねらうなら、
消去法は欠かせません。
そこで読むだけで25点はあがる。
消去法で正答率を高めるためのTOEICのコツ
という記事を見つけたので、ぜひ参考にしてください。

 

第3問 会話問題

先ほどまでの問題と違って、
例題はなく説明が32秒しかありません。
この間に第5問の文法問題をやるのは危険です。

 

この32秒では
最初の問題の3組の問題文と選択肢に目を通しておきましょう。

 

これを「先読み」といいます。
先読みには前述のとおりリーディングの力が必要です。
以下に要領を示します。

 

1 3組の問題文と選択肢を先読みして、問われそうな箇所を推測する。

2 流れる会話を聞きながら問題を解き、マークし終えたら、次の問題を先読みする。

3 流れている問題文の音声を聞かずに、ひたすら次の問題を先読みし続ける。

4 次の問題を聞きながら問題を解き、 マークし終えたら、次の問題を先読みする。

 

これを繰り返します。
分からなければさっさと諦めて適当にマークし、
次の問題の先読みをすることが大切です。

 

でないと次の問題で総崩れしてしまいます。
先読みにより常に音声よりも先行していきましょう。
なぜここまで先読みにこだわる必要があるのでしょうか?

 

先読みしていないと、どのあたりを聞いてよいか分からず、
全ての会話に集中して内容を覚えておかなければなければなりません。
それは大変な負担になります。

 

前述の通り、長いリスニングでは
集中と休憩を繰り返してメリハリをつけることが大切です。

 

第4問 説明文問題

第3問とやり方は変わりません。
ここまででリスニングは終了して、
残り時間は75分です。

 

この75分をどうリーディングに割り当てるかですが、
私のおすすめは、
第5問に15分、第6問に6分、第7問に55分です。

この時間配分をしっかり意識して臨みましょう。
最後の長文読解に多くの時間を確保することが
精神的余裕につながります。

 

TOEICリスニング問題に挑む

TOEICリスニング問題に挑む

 

では次回は
第5問に15分、第6問に6分、第7問に55分を使うための
残りの問題のテクニックを紹介します。
リーディング問題を徹底分析。
part別に教えるTOEICリーディング問題の攻略法とコツ

 

以上永松でした!

 

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑