【長文読解のコツ】英語長文をさくっと攻略する5つのTipsと勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長文読解のコツと勉強法を紹介します!

TOEICの最も難関なポイントはどこでしょう?

人それぞれ違いますが、多くの方がPart7の長文読解の問題に苦手意識を持っていると思います。

少なくとも僕はそうです。

Part7が一番嫌いです。笑

そんな僕でも読解問題をさくっと攻略できた勉強法とTips(コツ)を本日紹介します。

こちらが本日の目次♪

・長文読解の5つのTips
・僕が行った長文読解の勉強法

では見て行きましょう!

 

長文読解の5つのTips

長文読解をさくっと攻略するためのコツをあなたに授けます。

これはTOEICのpart7だけに限らず、他の英語読解の問題に対しても使えるものです。

tips-of-reading

1st tip:話の主題を掴む

まず最初に長文の主題を掴みましょう。

確認しておくべき箇所は、タイトル、一番最初の結論、各段落の最初と最後、一番最後のコンクルージョンです。

これらは話の主題を掴む上でとても分かりやすい目印です。

話の主題が何か、どの段落でどんな主張がされているのか、結論の根拠はどこにあるのか、等はこれらの箇所をチェックするだけで理解できますし、推測もできます。

最初に設問を見る方法はあまりお勧めしません。

というのも、設問を見たところで話の主題が分かっていなければ、「どこに答えがありそうなのか」が掴みにくいからです。

どこに答えがありそうなのかを、同じ単語や関連単語から探って行く方法だと、ひっかけ問題につまずきやすくなってしまいます。

例えばある長文の中に、

TOEIC company appointed former marketing manager, Donald Pacy to management leader month ago.

(TOEIC社は一ヶ月前、マーケティングマネージャーのドナルドパーシーさんをマネジメントリーダーに任命した)

という文があったとします。

質問が、What’s Donald Pacy’s  current position?

(ドナルドパーシーさんの現在のポジションは?)

と聞かれたとしたとき、部署の名前らしきワードを単に探しているだけだとひっかかりやすくなりますよね。

だから最初に設問を読むのではなく、主題を掴みましょう。

process

2nd tip:設問を読み、推測をすること

主題を確認してから、設問を読みます。

設問を読むときに注意を払いたいポイントは、

・誰が主語なのか
・何が聞かれているのか、その答えはどこにありそうか
・設問の順番と回答の位置が、ある程度リンクしているか

の3つです。

最後のポイントは少し分かりにくいと思いますので補足しておきます。

TOEICでは、設問が3つありますよね?

それらの答えは基本的に上から順番に配置されるようになっています。

toeic-tech

 

このような形になります。

ですので、「設問の順番と回答の位置がある程度リンクしているか」を確認すると案外楽に解けますよ。

 

3rd tip:解き進める順番を考える

TOEICには一個の長文からなる問題(single passage)とふたつの文章からなる問題(double passage)があります。

僕は文章構造は把握しやすいダブルパッセージの方が好きです。

例えば文章と、メールがセットになっている問題ですね。

一見読むのが大変そうですけど、構造が簡単なので僕はこちらを好んでいます。

自分の得意な方、好きな方から解き始める事をおすすめします。

また、TOEICのpart5,part6,part7で使えるリーディング問題攻略の裏技!でも紹介していましたが、設問の中でも、どの設問から解き進めるのがいいかも判断しましょう。

DifferentApproachToSuccess

 

4th tip:強調する言葉はチェック

このコツはTOEICではあまり役に立たないかもしれません。

というのもTOEICでは問題用紙に書き込む事が禁止されているからです。

ですが長文を読解するにあたり、強調する言葉(however, at first, but, so, because, at last, the bottom line is,)などはチェックしておくと、要点などがあとで探しやすくなります。

 

5th tip:知らない単語は推測しチェック

「ここはしっておきたい箇所なのに、しらない単語のせいで意味が分からない!」

というときは推測して、その単語がもつイメージや文脈から無理矢理意味を考えてしまいましょう。

主語、述語などの塊をつくり、分からない単語を推測しやすくすることをお勧めします。

この区切って塊を作る方法は、【英語読解のコツ】英語を前からどんどん訳していくトレーニング法で説明したやり方と同じです。

どうしても意味が推測出来ない場合は、その単語が+のイメージか、ーのイメージかだけでも掴むようにしましょう。

focus

僕が行った長文読解の勉強法

実は先ほど紹介したTipsを知っていれば、あとはtipsを意識しながら量をこなすだけなんですね。

つまり量質転化が長文読解勉強法のキーワードです。

僕の場合は、長文読解のために新しい参考書を買いたくなかったという理由と、出題傾向を解いている内に掴めるのではないかという期待から、新公式問題集のpart7をひたすら解いていました。

長文読解に関しては、ごりごり量をこなすのが一番かと思われます。

 

 

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑