【続編】TOEICスコアを安定させろ!Part3,4の攻略でリスニング400点を目指せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はPart3とPart4にフォーカス!

「TOEICのスコアはある一定の点数を超えると安定する」と、TOEICスコアを安定させろ!Part2を徹底攻略してリスニングで400点は当たり前で説明しました。

その点数がリスニングセクションの400点でしたね。

しかし、Part2だけ対策したって、リスニングセクションで400点を超える事はできません。

Part3とPart4も対策してこそ、始めて400点という場所が見えてきます。

ということで今回はPart3, Part4に関する記事も書いていこうと思います。

後、Part2の記事の反響(書いて欲しいとのお願い)が大きかったので。笑

steady2

こちらが本日の目次です。

・Part3とPart4をまとめて攻略する理由
・Part3、Part4で使いたいテクニックとは?

では上から順にお話していきますね。

 

Part3とPart4をまとめて攻略する理由

「Part2の記事では、Part2だけにフォーカスして攻略テクニックを紹介していたくせに、なぜ今回はPart3とPart4を同時に紹介するんだ!?」

そう疑問に思う方も多いと思います。

まとめる理由は、「Part3とPart4に大きな差がないから」

しかたがってアプローチも大差ない(ほぼ同じ)になります。

Part3の特徴は短いリスニングの内容が2人の会話。

それに対してPart4は1人がもくもくと話すだけの内容になっています。

たかが1人か2人かの違いなので、わざわざ特筆することはないですよね。

overcome

 

Part3、Part4で使いたいテクニックとは?

さてお待ちかねのテクニック紹介です。

さくさく紹介していきますね。

3問中2問ある具体的な設問に集中する

TOEICのPart3とPart4では、1つの話(会話)に対して3つの問題が用意されていますよね?

その内の1問は全体を問う問題。

例えば、

・2人は何の話をしていますか?
・このアナウンスの目的はなんですか?

などですね。

この問題は全体の内容から推測できるので、比較的簡単です。

ですので他の2問(基本的に3問ある内の二番目と三番目の問題)に、より集中しましょう。

Part3、Part4では、基本的に答えがでてくるタイミングは上から順(3問ある内の一番目→二番目→三番目)です。

そして全体の内容を問う問題は、一番上にあります。

ですので音声を聞いているときには、目を二番目の設問の上に置いておくといいでしょう。

 

設問が読まれる前には、めぼしい答えにチェックしておく

これは必須です。

何かと余裕ぶって、設問が読まれてだしてからめぼしい答えにマークをする人がいますが、それはとてもリスキーです。

というのもTOEICのリスニングには理想のペースというものがあって、【再確認】TOEICPart4を確実に解き進めるために心に留めておきたい6ヶ条で説明されている文を引用すると、

Part4の理想の解き進め方は、ナレーションを聞いて設問が読まれるまでの間に、マークをつけ全て終わっている状態。そして設問が読まれている間に、次の問題の先読みを始めておく事です。

とあります。

つまり問題が流れている間に、めぼしい答えにチェック(塗り絵は意外に音を聞こえなくさせる)をしておきましょう。

senntaku

最初に出てきた伏線こそ答え?

問題が読まれます。

その後に設問が読まれます。

問題の中ではもちろん、設問の回答となりえる文章(最初の伏線)が読まれます。

しかし私たちを悩ませるために、似たような伏線を混ぜてきます。

例えば、設問で日時をきいている場合。

最初の伏線でしっかり答えを言い、のちに似たような時間関連のワードをまぜてくるんです。

問題の最後に似たような伏線となる言葉が混ぜられ、且つ設問の(A)にそれと同じワードがあれば、その設問は消去しても大丈夫です。

その問題は正解ではありません。

ただの似たような伏線だったのです。

 

短い選択肢で正答率アップ?

これはただの感覚論でしかありませんが、聞き取れず分からなかった場合は設問の中でも「一番短い設問」をチェックしてみてください。

意外に短い設問が正解だったりするケースが多いんですよね。 

ketudann-300x238

いろいろテクニックを二回に渡り紹介しましたが、あげればきりがありません。

多すぎてどのケースにどのテクニックを使えば良いのか?と悩むほどです。

ですので現在、厳選されたテクニックを盛り込んだ最高の参考書を作っているので、楽しみにしていてください!

 

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑