ビジネスに興味がある方必見!起業家の世界を見ながら英語を学べ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業家の世界を見ながら英語を学ぶ

今日は僕が留学でワシントン大学に通っていたときに、授業内でアントレプレナーシップと英語力を伸ばすために活用されていた英語学習ツールを紹介したいと思います。

entrepreneurship

僕はアメリカのシアトルに留学していました。

シアトルという土地は、シリコンバレーに次ぐ、スタートアップがさかんな町なんです。

その土地柄をいかしてなのかは分かりませんが、授業の中でアントレプレナーシップと英語力の向上を兼ねて、あるプログラムをよく見せられた事を覚えています。

今日はそのプログラムを利用した英語学習方法をあなたに紹介しますね。

こちらが本日の目次です。

・アントレプレナーシップの育成と英語力の向上を兼ねるプログラムとは?
・これこそ最もハイレベルなリスニング強化方法の1つ!
・どういった人たちにこの勉強法は有効か

では上から順に見ていきましょう!

 

アントレプレナーシップと英語力の向上を兼ねるプログラムとは?

そのプログラムとは「Shark Tank」というアメリカの番組です。

Shark Tankとは、おもしろいビジネスアイデアをもった人たちが、pitch(プレゼンテーションのようなもの)をinvestor達に行い、投資をしてもらうという趣旨のプログラムです。

sharktank

 

Shark Tankの魅了というのはたくさんあって、

・Pitchという短い時間でおもしろ分かり易く物事を伝える方法を学べる
・実際のビジネスが絡むので、ビジネス英語が盛りだくさん
・Investor達の意見が辛口で笑える
・プレゼンターのアイデアが独創的
・英語が早いのでリスニング強化にはもってこい

などがあります。

参考までに僕のお気に入りの1つである動画をのせておきますね。笑

画像をクリックするとYoutubeへ飛びます。

I want to draw a cat for you - Shark Tank

 

 

これこそ最もハイレベルなリスニング強化方法の1つ!

この動画を再生していただけると分かるように、英語がとても早いです。笑

ですので留学中に僕の先生が僕たちのリスニング力向上のため取っていた方法は、何度も何度も再生し、内容が聞き取れるまでノートを僕たちに取らせる事でした。

Shark Tankには字幕がないので文字で理解することができませんが、むしろこれは好都合です。

というのもリスニングを鍛えようと思うのなら、目からの情報(スクリプトを読んで何て言っていたのかを理解する)でなく、何度再生してでも、耳からの情報で理解しようとしなければいけません。

もし音声が悪く聞き取れないと思うのであれば、アメリカAmazon(Amazon.com)からDVDを購入してください。

一応こちらにリンクを貼っておきますね。

実は9割の就活生が英語が必要と感じている?英語が必要な時代であなたが生き残る方法で言っていたように、リスニングを伸ばすためのツールとしてぜひとも活用してくださいね!

Shark Tankの内容がパッと分かるようになれば、もうあなたのリスニング力は十分だと考えても良いでしょう。

ですのでこれをリスニング力の指標としても活用してみてもいいのではないでしょうか。

start

 

どういった人たちにこの勉強法は有効か

リスニングのスピードがなかなか早い+youtubeからの再生がメインなので音質にムラがあるなどの理由から、万人におすすめできる勉強法ではありません。

それでも僕はときどきShark Tankをリスニング力の維持のために活用しています。

ではどんな人に対してShark Tankは有効なのでしょうか?それは、

・スタートアップビジネスに興味がある人
・ビジネスに興味がある人
・しっかりしたpitch(プレゼン)を学びたい人
・よりハイレベルなリスニング力を身につけたい人

だと思います。

それ以外の人は多分継続して見る事ができないと思います。

興味がないと全然おもしろく感じないそうですから。笑

僕の当時のクラスメイトは、興味がなさすぎてShark Tankの時間はいつも寝ていました。笑

まあ百聞は一見にしかずなので、ぜひ一度Shark Tankを見てみてくださいね!

 

 

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑