僕が思う最強のTOEICリスニング勉強法と参考書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巷にはリスニング勉強法が多すぎる?

リスニング勉強法とGoogleで検索をかけると、たっっっっくさんの勉強法がでてきます。

google

ですがそれらは、ざっくりと「リスニング力」というものを伸ばすためにできることを淡々と書いているだけです。

しかしリスニングといっても、何を目的とするのかでアプローチが大きく異なります。

だからTOEICでハイスコアを狙いたいあなたは、TOEIC高得点を目的としたリスニング勉強法を知らないといけません。

しかし実際に役に立つようなリアルな英語を聞き取れるようになりたいなら、海外にいって多く会話したり、英語耳をこれで作った?留学先で出会った友達お勧めの効果抜群リスニング勉強法で紹介した海外ドラマだったりを使うべきで、僕がいまから説明するTOEICリスニング勉強法は全くあてになりません。

DifferentApproachToSuccess

その前提を知ってもらった上で、本日の目次を紹介したいと思います。

・そりゃそうでしょ。友達の失敗から学んだ事
・僕が思う最強のTOEICリスニング勉強法の条件
・条件満たしすぎ(笑)これが最強のTOEICリスニング勉強法

 

そりゃそうでしょ。友達の失敗から学んだ事

僕がこのTOEICのサイトを運営してると知って、友達がTOEICの相談?みたいなものを最近よくしてくれます。

今から話す事はそのときの話です。

その友達はリスニングに苦手意識を持っているようでした。

だからリスニングの方が得意な僕に、どうやったらリスニングのスコアを伸ばせるかを聞いてきたんです。

僕はいきなり自分の勉強法を教えず、その友達がどうやってリスニングの勉強をしているのかを尋ねました。

その友達が行っていたのは、洋楽や洋画やTEDでリスニングの勉強をしているとのことでした。

確かにこのサイトの中でも、【2013年版】夏の終わりに必ず見ておきたいTED30選と題し、英語耳をつくるためのツールとしてTEDを用いた勉強法を推奨しています。

ですが、この友達の目標はTOEICでハイスコアを取り、就活を有利に進めることでした。

英語を使う環境に全く興味のない彼が、TEDや洋画、洋楽で勉強していたんです。

Different-approaches

そうです。

彼の問題点は、目標に沿った勉強法が確立できていなかったことにあったんです。

じゃあTOEICで高得点を獲得するという目標に沿ったリスニング勉強法とはなんでしょうか。

 

僕が思う最強のTOEICリスニング勉強法の条件

僕が思う最強のTOEICリスニング勉強法の条件は、3つあります。

 

TOEICに対応している教材を使うこと

これは大前提です。

TOEICに対応してない普通の教材だと、目的にあっていないという意味で効率が悪いです。

また自分がどこに苦手があるかというのも、TOEICの形式にそっているものを使わないと、TOEICのテストに向けてしっかりと対策できません。

という点から、TOEICのための教材を使うことは必須といえるでしょう。

 

試験と限りなく似たシチュエーションで勉強する事

試験と限りなく似たシチュエーションというのは、リスニング音源がテストと同じだとか、テスト本番のように長時間の集中を強いられたりだとか、問題がチェックマーク式だとか、そんなことです。

とにかく試験と限りなく近い状態で勉強することが、高得点のための近道となります。

こういう意味もあり、TOEICのための教材を使って欲しいというのがありますね。

そしてその試験と限りなく近い状態をつくるために、活用せよ!TOEIC IPはTOEIC900点への近道!?でTOEIC IPの受験を進めたり、受験回数がスコアを左右する!? TOEICの試験を受けるべき3つの理由でテストを練習としてつかう方法もお勧めしました。

つまり本番に近づくというのが、最強のリスニング勉強法への条件です。

本番に近づけば、本番で力を発揮しやすくなりますからね。

 

数をこなすこと

英語というのは、「慣れ」の世界です。

これはTOEICも同じ事で、TOEICで結果を出すためには、TOEICに「慣れる」必要があります。

「慣れ」に関しては以前に、TOEIC900点の壁を超えるモチベーションの作り方で説明しましたね。

その「慣れ」を作るためには、何度も数をこなすこと。

ここでは何度もリスニング問題を解くことが求められます。

TOEICのリスニングに慣れると、「ここでこういう表現が使われるから、答えはこれかもしれない。」と推測出来るようになってくる訳ですね。

そのためには、量を増やす事が大切です。

 

条件満たしすぎ(笑)
これが最強のTOEICリスニング勉強法

じゃあこれらの条件からみて、最強のリスニング勉強法とは何なのでしょうか?

それは、新公式問題集を使った勉強法です。

toeic-book
TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

新公式問題集は、

・TOEIC製作グループが発行してる公式のTOEIC参考書
・テストと全く同じ音源でリスニング練習ができる
・問題数が豊富
・回答と解説付き
・試験と同じ形式で問題を解く事が出来る

という利点があります。

これって最強の条件にあてはまりすぎなんですよね(笑)

先に断っておきますが、僕はこのグループの回し者ではないですからね。

ただお世話になりすぎている最強のツールですので紹介したくなっただけです(笑)

perfect

具体的な勉強法は、時間を創出し、問題集をこなしていくだけ。

そうすることで数をこなせるし、「慣れ」もつくれるし、本番に強くなれる。

ただしこれはTOEICのリスニングに限定した勉強法です。

 

巷に溢れるリスニング勉強法ですが、目的から逆算すると適切な勉強法ってすぐ見つかるんですよね

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑