TOEICハイスコアを狙え!リーディングを向上させる勉強法を一挙ここで大公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしてもリーディングが苦手なんです・・・

そんなあなたの一助となるべく、今日はリーディング力を向上させる方法を一挙大公開します!

以前紹介したものから、新しい方法までたくさん紹介していきますね!

reading

こちらが今日の目次です。

・リーディング向上の第一歩:基礎文法
・TOEICで安定したスコアを取るための技
・ステップアップ!さらにリーディングを伸ばしたいあなたへ

では、上から順に見ていきましょう!

 

リーディング向上の第一歩:基礎文法

まずはリーディングを鍛える上でかかせない基礎の部分である文法を鍛えていきましょう。

そんなことより読む練習をしたい!と思うかもしれませんが、TOEIC900点の壁を超えるモチベーションの作り方でも力説したように、基礎(土台)がないと大きくスコアを伸ばす事は不可能です。

という訳で基礎である文法事項から手をつけていきましょう。

文法の中でも文型をおさえると、とても楽に文章を読み進めることができます。

その理由は、文型を理解できていると、長い文章でも一節一節を主語述語に割り当てて読み安くすることができるからです。

【TOEIC900点!?】TEDを使った英語を英語のまま理解できるようになる勉強法とは?では比較的長い文章が使われるTEDを用いて、文型を意識し、前からどんどん理解していく方法を説明しましたね。

それと同じ要領です。

文型?なんだよそれ?って思うあなたはこの本を要チェック!

文型
「本当の英語力」は5文型で劇的に伸びる

この本では徹底的に分かり易く文型を説明しています。

ある程度知識がある人からすれば、「もう分かってるよ」と飽きてしまう無いようですが、しっかり中学生レベルから文型を復習したいのなら、おすすめの一冊です。

リーディングに難を抱える人は基本的に文型に穴がある場合が多いので、確認がてらチェックしてみることをおすすめしますね。

 

TOEICで安定したスコアを取るための技

TOEICのリーディングセクションにおいて、安定したスコアを取ろうと思うと、やはりTOEICのリーディングを攻略するためのテクニックが必要です。

というわけで、TOEICリーディングの裏技を紹介している記事をここでまとめてしまおうかと思います。

overview

まずはPart5のテクニック!

これらの中で共通して説明していることは、「選択肢を最初にチェックしてください」ということですね。

選択肢を見てから、どうやって答えを導き出すかは、記事の中で説明しています。

search

次はPart6のテクニック!

Part6はPar5と特に大きな違いはありませんが、少し文章が長くなった分のテクニックを紹介しています。

リーディングが苦手な人が落としがちなPartになるので、しっかりとチェックしておきましょうね。

 

最後はPart7のテクニック!

こうやってみると、今まで色々と紹介してきたもんだな〜としみじみしていまいます。

ですが本当はもっと、もっと紹介したいTOEICのテクニックがあるんです。

ですが情報量の多さ故、サイト上では紹介しきれないのが現状です。

しかしそれらを書籍に落とし込んで、さらに厳選したものがこのThe Bible of TOEICにつまっています。

興味があるあなたは、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ステップアップ!さらにリーディングを伸ばしたいあなたへ

ここまでくれば、リーディングセクションでも点数が取れるようになってきているはずです。

もう十分という方は、このタブを閉じていただいても構いません。

今からは「ステップアップ編」として、さらにリーディングの点数を高めたいあなたのためだけに書いていきたいと思います。

リーディングの点数をさらにあげるためには、より早く、より確実に問題を解いていく必要があります。

どんなに正確に解けても、時間切れだと意味が無いですからね。

という訳で、【英文速読】TOEICリーディングで求められるスピードwpm150を狙う速読トレーニング法で紹介したトレーニング法を実践して、TOEICで時間切れにならないようなスピードを身につけていきましょう。

speedup

その記事の中で紹介したのは、速読を身につけるために、毎日タイムアタックをしてみようとのことでした。

そしてそのタイムアタックに使う教材は、wpmが図り易いような教材を使用するべきだといって、2週間で英語の読解スピードが3倍になる本という教材を紹介していましたね。

今日は、TOEICのPart7を使ってタイムアタックをする方法を紹介します。

TOEICのPart7を使ってタイムアタックをするメリットとしては、

  • 教材をわざわざ買わなくていい
  • Part7を使うから、TOEICの問題に慣れることができる

という理由があります。

デメリットとしては、めんどくさいの一点に尽きるでしょう。

というのも、TOEICのPart7を使ってタイムアタックをしようと思うと、

  1. Part7で出題されている小問に、どれだけのwordが使われているか数える
  2. タイムアタックを行う
  3. 1で数えたword数を2で算出したタイムで割る
  4. 記録する

という手順を踏まないといけないからです。

先ほど紹介した2週間で英語の読解スピードが3倍になる本を使うと、1,3,4が一瞬で行えるようになります。

recommend-book

どちらがいいかは人に寄りますが、僕はリスニング力向上のため、しっかり教材を買って勉強しました。

このサイトを参考にしながら、あなたはあなたなの手段で、リーディングを攻略してもらえればなと思います。

success1

 

 

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑