TOEIC600点止まりの人が900点を目指すために「してはいけない事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ点数が伸びない?
ありがちなミスから学ぶ「してはいけないこと」

TOEIC900点はまだまだ長い道だと感じているあなたは、どんな参考書を使い、どんなセクションから勉強をはじめ、どんな勉強法を実践していますか?

今日お話することは、以下の3つです。

・参考書の「だめ」
・どこから勉強をはじめる?
・見習いたくないマインドセットのお話

では上から順にお話ししていきますね。

Dont

参考書の「だめ」

TOEIC600点代の人が使用している参考書は、Part別に別れたものが多かったのが記憶に残っています。

全然悪い事ではないです。

ですが多く見られるのが、最初の参考書にそういった本を買ってしまうということです。

自分はリスニングが苦手そうだからリスニングを勉強する
自分はリーディングが苦手そうだからリーディングを勉強する
自分はとりあえず単語でも見ておこう
安めの参考書がいいな〜

などの理由でPart別に別れた参考書を購入されます。

正直に言いますと、
それらの参考書は全く意味が無いです。

というのも自分の苦手をしっかり認識しないまま、Part別に別れた参考書を使っても、「勉強をした気」でおわってしまいます。

「勉強した気になる」というのが、TOEIC600を超えられない大きな理由になります。

参考書を解いて、あとはTOEICのテストにぶっつけ本番運任せ。

そのような人がいかに多いことか。

これが最初の参考書選びで大事な事

・しっかり2時間(本番と同じ形式)で勉強すること
・自分の実力(得手、不得手)を把握できるシステムがあるか

全体的な参考書選びのポイントとしては、TOEIC参考書選びに失敗した僕だからこそ語れる参考書選びの3つのポイントで紹介したので、そちらを参考にしてください。

この記事の中であげた2つの大事な事は、あくまで「最初の」参考書選びです。

firststep

つまりこのトピックの中で僕が言いたい事は、最初の参考書にPart別にわかれている参考書を使用するなということです。

 

どこから勉強をはじめる?

失敗例として多く見るパターンとしては、難しいところから手をつけ、成果を実感できず諦めて行く例です。

この場合難しいところと言うより、成果を実感しにくい所ですね。

たとえばPart7の長文セクション。

多くの人が苦手とするパートで、成果を実感するまでに多くの時間を必要とします。

解決策としては、
自分が一番簡単だと思うところから始めること

簡単だと思うところから初めて、成功体験(成果がでた実感)を積みかさねると、モチベーションも高まり勉強に効率性がでてきます。

これについては、時間が足りない?TOEICPart7を解ききるために試してみてほしいことで、Part7を攻略する方法の1つとして紹介していましたね。

これはTOEIC全体にも言えることだと思います。

僕はろくに勉強してこなかったので、日本人の強みである文法問題にすら苦手を抱えていたので、リスニングから取り組みました。

あなたが比較的簡単だと思うところはどこですか?
そこから勉強をスタートさせてみましょう。

start

 

見習いたくないマインドセットのお話

「正確に問題を解こうとしたから、時間が足りなくなった」

多くの人がこういうったマインドをお持ちです。

これは大きな間違いで、問題をはやく解けるようになるほど、正確にとけるようになってきます。

つまり正確さ=時間なんです。

ですが多くの人が正確さ>時間という意識があります。

この意識を変えないと、いつまでたっても時間内に解くことはできません。

マインドセットはTOEICに挑む上でとても大切な要素です。

以前にもマインドセットはTOEIC高得点という高い目標を達成するための土台だ。

と、TOEIC900点の壁を超えるモチベーションの作り方で説明しましたね。

TOEIC900を目指すならTOEIC900のスコアラー達のマインドセットを盗んでみてはいかがでしょうか?

お友達の600点ホルダーから、マインドセットを取り入れているよりかは、遥かに効率的でしょう。

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑