2014年の準備!TOEICの勉強を再スタートする際にしておくべき5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます。

2014年がスタートしましたね。

本年もどうぞTOEIC Labをよろしくお願い致します。

今日は、このお正月で最高のTOEIC学習をスタートするために、ぜひともしておくべき5つのことを紹介します。

こちらが今日の目次です。

・しておくべき5つのこと

とうとう目次が1つになってしまいました笑

それでは紹介していきますね。

happy-new-year

 

 しておくべき5つのこと

では今から順にお話していきますね。

 

1)目標の再確認

新年というのは目標の再確認をするためにベストな節目です。

というのもこれから一年が始まるという事で、この一年をどのように過ごすかをよく考えるからです。

新年の抱負などもそうですね。

ではどのように目標の再確認を行えばいいのでしょうか?

いつまでに何点獲得するのかを決める

「年内に900点とるぞ〜」ではだめなんです。

「4月までには必ずTOEIC900点を取る」と具体的な期限を設定しなおしてください。

自分が何点必要なのかは、TOEICのスコアはどのくらいあればいいの?企業があなたに求めるレベルを大公開を参考にしてくださいね。

 

一日の学習時間を計算する

期限、必要な点数が定まったら、具体的な勉強時間を算出してみましょう。

この作業は怠りがちですが、時間節約のために非常に有効です。

必要最低限の時間を投資すればいいんですから。

むだに空き時間すべてをTOEICにつぎ込み、だらだら勉強するよりかは100倍ましです。

勉強時間の算出方法は、TOEIC900点突破のために、絶対に決めておくべき1つのことを参考にしてみてください。

しかしこの算出方法は、学習を開始していない人が行う算出方法です。

自分が今600点程度はある!という方は、インターネットで検索してもらうと「あと何時間勉強が必要」かが掴めます。

Speed-Reading

2)スケジュール調整(時間確保)

一日何時間勉強が必要かが分かったら、今度は時間確保です。

これが一番大切と言っても過言ではないでしょう。

というのも勉強しない大きな理由は、「時間がない」ですから。

どの時間をけずり、どの時間をふやすのか。

自分のスケジュールを調整してみてください。

 

3)勉強法の確定

1日の勉強時間を決定した後は、どのような勉強をその日にするかを確定させておかなげればなりません。

その理由は、あなたのTOEIC900点獲得を妨げているのは広告メディア?で、英語を習得するために必要なものとして説明していましたね。

つまり自分の中で、「ぶれない」勉強法を定める事が大切です。

1年の始まりという区切りのいいタイミングなので、この1年間は何があってもこの勉強法を貫く!と確定させてください。

その際の参考として、いろいろな勉強法をTOEIC Labでは紹介しているので、勉強法のタブをクリックし、ぜひとも参考にしてください。

Educate

4)環境を整える

つぎに勉強がしやすい環境を整えましょう。

例えば、

・机の上を片付ける
・勉強ツールを揃える
・穴場の勉強スポットを探す

などです。

机を片付ける事は、勉強を開始するためのいいモチベーションになります。

というのも片付けをしているうちに、脳が勉強モードに入っていくからです。

そしてここで言う勉強ツールというのは、イヤホンであったり教材であったりです。

勉強を最大限効率化するため、ここはお金を投資するべきところですね。

 

5)試験に応募してみる

自分の目標の再確認をするための1つの指標として、試験に応募しておきましょう。

テストを応募しておくことで、それに合わせて勉強することも出来ますし、テスト結果から自分の実力を再確認できます。

それだけでなく、テストを受ける事はこれからの勉強にも役立ちます。

受験回数がスコアを左右する!? TOEICの試験を受けるべき3つの理由の中で、しっかり説明していますのでチェックしてみてくださいね。

 

では今年も1年、はりきって来ましょう!

今年もどうぞよろしくお願いします!

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑