時間が足りないときに役立つ正答率が高まるTOEICの塗り絵テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICの問題を解いているときに、
「時間が足りない!!」
と感じたことはありませんか?

 

 

そしてその際に、
設問を読まずに適当にマークする行動、
それを「塗り絵」といいます。

 

 

今回はその「塗り絵」において、
より正答率をあげるテクニックを紹介します。

時間がない人へ

時間がない!正答率が高い塗り絵の法則

 

最後の10問が残ってしまったときの塗り絵の法則

第190問~第200問までを、
時間が足りず塗り絵することになった場合、
どの方法が1番正答率が高いのでしょうか。

 

 

新公式問題集Vo.1~5を用いて分析してみました。
190~200問目までの塗り絵を5つの方法で試したとき、
どの方法が1番正答率が高かったのかを、
今からお話しますね。

 

 

こんな風に実験してみた。

TOEIC新公式問題集Vol.1~5の問190~200までを、
5つの塗り絵の仕方で検証してみた。

 

1. すべてAにマークする
2. すべてBにマークする
3. すべてCにマークする
4. すべてDにマークする
5. ABCDABCDABと順番にマークする

 

この際どの回答が1番正答率が高かったのか。

 

 

こんな実験結果がでた。

TOEIC-塗り絵実験結果

TOEICの塗り絵の実験結果!

 

これが結論!

時間がなくて、適当にマークせざるを得ないときは、
すべてBかCで塗り絵するのが、最も正答率が高い。

 

意外にランダムで塗り絵することは、
マークを統一することに比べて、
正答率はあがらない。

 

 

いかがでしたでしょうか?
時間がない人のための勉強法は、
仕事が忙しくて英語の勉強ができないあなた必見。
これが短期間で成果をだすTOEICリスニングのコツだ!
でも紹介しましたが、今回は時間がない際に、
少しでも正答率をあげる方法ですので、
参考程度に頭の片隅に置いて頂ければ幸いです。

 

DAITO

 

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑