仕事が忙しくて英語の勉強ができないあなた必見。これが短期間で成果をだすTOEICリスニングのコツだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回
つまずきの原因は準備にある!
TOEIC準備段階でしっておきたい4つのこと
ではTOEICの学習をはじめるにあたり、
あなたに知っていて欲しいことをお話しました。
この準備を間違えると、大きなタイムロスになるんでしたね。

 

あなたは既に、
私が紹介した準備はできたでしょうか。
必要な物を揃えることで、モチベーションもアップしますから、
まずは行動あるのみ 。行動しましょう。

 

その準備ができたことを前提にして、
話を進めて行きます。

 

今回は
【仕事が忙しくて英語の勉強ができないあなた必見。
これが短期間で成果をだすTOEICリスニングのコツだ!】

 

ということで、
TOEICのリスニングのスコア獲得のためだけのテクニックを紹介します。
TOEICに目標を定めることで、
短期間での得点UPをねらうことができます。

 

これが短期間で成果をだすTOEICのリスニング勉強法

 

短期間で成果をだすTOEICリスニング勉強法

 

よくリスニングの勉強法で、
英語の字幕付きの映画、
英語のニュース、
NHKラジオ英語講座、、、
等を聞いたらリスニング力UPする
って書いてるモノが多いです。

 

確かにリスニング力はUPするかもしれないです。
ただ私が紹介するのは、
時間が無い人が、効率よくTOEICの点数をあげる方法
なのでリスニングの点数UPにだけ特化するなら、
それらは意味無し!!

 

理由は、問題形式と全然違うから。

 

だったらTOEIC専用の問題集を何回も聴いて、
パターンやよく出てくる単語を覚える方が点数UP
します。

 

具体的に勉強法を紹介します。

 

1)解答の訳をじっくり見る。

読んで理解出来ないものは、
聴いても分からないので、
(リスニング問題全体に言えること)
リスニングを聴いて分からなかったら、
解答の訳をじっくり見る。

 

英語の文/日本語対訳で
解答が書かれてない問題集は論外

捨てましょう!

 

それをリーディングと同じ要領で読解、精読。
そしてその中で 英語特有の言い回しとか、よく出てくる文は別ノートに記録

 

2)倍速スピードで聴く

もし出来るなら倍速用に編集し直して聴く。
速聴学習ですね。倍速にする理由としては、
本番のスピードが超ゆっくりに聞こえる!
全部、文がわかる&聞こえるという事が起こる!

 

リスニングは1回しか流れないので、
ちょっと聞きそびれただけで
大分焦るし、
その焦りにつられて次の問題もわかんなくなっちゃいます。
だからゆっくり聞こえることは
精神的に余裕が出来て、一石二鳥。

 

 

倍速に出来ない場合は、
自分で速めに読んでみる
理由としては読んだら、
リーディング、リスニング、スピーキングの練習
にもなるからです。

 

3)最初の問題の導入部分は聴かない

自明の理。
本番で大問の形式や例題を流しているときは
リスニングの問題を先読みするかリーディングの単語問の所を解く

 

私は両方本番でやってみたけど
先読みのする方が合ってました。

 

あなたも何が自分にあうかを見つけて、
形式や例題の間にサクサク 進めてしまいましょう。

 

リスニングは
最後の方の問題になるほど、
四択の文が長くなります。
だから四択の文を全部読めない
or理解出来ないまま音声が流れ始めて
大分焦ることになる。

 

個人の好みがあるのでお好きな方をチョイスしてください。

リスニング勉強法を実践しよう

 

ちょっとした空き時間には、
英語学習に役立つツールを淡々と紹介する記事
の中であなたに合うtoolがあると思うので、
それらをお役立てください。 

 

では長くなりましたので、
今回はここまでにします。
次回はリスニングの続編で
【会話文】について書かせていただきますね。
会話文を制してTOEICを制する! part2攻略への4つのコツ【前編】

 

Pocket
LINEで送る

Facebookページもよろしくお願いします。

TOIEC Lab.はTOEIC高得点取得を目指すための学習支援サイトです。

Facebookからも更新情報を受け取る事が可能です。

最高の情報をお届けしますので、よろしくお願いします。

更新情報はRSSやTwitterからも受け取る事が可能です。

PAGE TOP ↑